「文旦の里」ホームページ > 「土佐文旦」購入ページ:自然あふれる南国高知の恵まれた環境と手間暇かけて作り上げた最高の文旦です。
新鮮で美味しい土佐文旦(トサブンタン)を直販“文旦の里”
| ログイン | 新規会員登録 | はじめていらした方へ | お問合せ |
ショッピングカート
0 点の商品が、
ショッピングカートに入っています。
カートをみる 会計

商品詳細

【平地】ワケあり・家庭用10kg:特大〜大玉 商品名:【平地】ワケあり・家庭用10kg:特大〜大玉
商品コード:W-K10-4L3L

商品説明
ワケあり・家庭用
露地栽培文旦のなかでも、今までは全て南向きの”山”育ちの文旦のみを販売していましたが、今回は平地の畑育ちの文旦も商品化してみました。
山のものと比べると酸味が少ないので、食べた時の口あたりは良く食べやすいです。また食感がプリッとしています。
同じように育てていますが、ちょっとした条件の違いで出来が変わってくる文旦栽培。こだわりの山育ち文旦とワケあり平地の文旦、食べ比べてみるのもいいかも!!
意外と病み付きになるかもしれません!!

こちらの商品は現在の基準ではあと一押しといった商品です。味は特選品にも負けません! ご自分の家だけで食べる人向けの商品です。 特大〜大玉(14個〜18個)
標準価格:\4,980  
販売価格:\4,980(非課税)  
出荷時期の選択

<<露地栽培土佐文旦(トサブンタン)の出荷について>>
私たちは、皆様に最高の文旦を召し上がっていただきたいので、最も土佐文旦(トサブンタン)が美味しい時期のみ出荷しております。出荷時期以外のご注文は商品予約として扱います。

はしり:1月末〜2月上旬頃
文旦解禁日をむかえたものの“はしり”のこの時期は、収穫したての新鮮な風味と酸味が特徴です。
気温の低い追熟しきってないので、少し酸味を強く感じることがありますが、新鮮なので長期に保存もできます。
また酸味が気になる場合は少し置いておくと追熟していくので、まろやかになります。

さかり:2月中旬〜3月上旬頃
文旦の旬と言えば、“さかり”のこの時期!! 酸味と甘味のバランスが絶妙!!口当たりもまろやか。
到着した文旦は食べ頃です。すぐに召し上がることもできますし、長期保存も可能。

なごり:3月中旬〜4月上旬頃(無くなり次第終了)
文旦のシーズンも、いよいよ終盤になります。
この時期は追熟も十分過ぎるほどで、完熟状態です。酸味は殆どなく、どれを食べても甘く感じるのが特徴。
よくお客様からも「この時期の文旦、食べだしたら止まらん」とのお声が…(あくまで個人の感想です)
時期的に外気温も上がってきますので、長期保存には適していないので、到着次第冷蔵庫に入れなければ、早めのお召し上がりをお勧めしております。

2019年2月〜3月下旬出荷分受付中!
現在、ご注文いただくと2019年の2月 〜3月下旬出荷の予約になります。

※予約注文をいただいた場合、出荷が始まり配送が出来次第メールでお知らせいたします。
※商品は送料・消費税込みの価格です。
(ただし、お届け先が北海道、沖縄県の場合は別途300円が必要になります。)
(決済方法が「代引き」の場合は手数料として300円が加算されます。)
【平地】ワケあり・家庭用10kg:特大〜大玉 【平地】ワケあり・家庭用10kg:特大〜大玉


| 山崎文旦園のご紹介 | プライバシーポリシー | お支払方法について | お届けについて | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
当サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。Copyright (C) 2001 Yamasaki buntan garden Rights Reserved.